営業実務コンサルタント

動画解説

お問い合わせはこちら

対象

  • 法人顧客がある
  • 営業モラルが適正
  • 行動できる

内容

顧客活用(クロスセル)

  • 理想的にはお客様を囲い込みワンストップ化すること。
  • 多くの会社は主要取扱商品を販売して終わっている。
  • いろいろ扱ってみても売れなくて終わっている。
  • しかも、売る方法は「値引き」だけ!「忙しいけど儲からない」という悪循環!
  • 折角、顧客があるのに活用できていない!
  • あなたが売らないと、他社、特にバリバリの営業会社(地元以外)に顧客を奪われている(食い物にされている)。
  • お客様は、あなたが扱っていないから、仕方なく導入してしまっています。

※顧客を守る!

良くない営業をやっている業者もまだまだあります。
「蛍光灯や水銀灯は使えなくなります」とか、「NTT販売店はうちだけです」とか、「新電力に切り替えないと停電します」とか、平然と詐欺のようなトークを使う営業マンがまだいます。
僕は、そういうのが許せない!
お客様を守りたい!
でも、僕だけじゃ何もできない。
だから、全国の文具・事務機販売をされている会社さんをコンサルして、LED・UTM・ビジネスホン・複合機・VDIサーバ・セキュリティーカメラそして、空間除菌装置ReSPRなどを一緒にお客様に提供することで、お客様を守り、良い商品を適正価格でお届けして、エンドユーザーもあなたも笑顔になる。

※笑顔の輪を全国に!

僕は、苦しんでいたクライアントさんが笑顔になる瞬間が大好きです。
僕の心の報酬だと感じてコンサルをしています。
沢山の笑顔を今後も日本全国に広げていきたい!そう願ってコツコツ活動しています。

営業紙芝居

営業紙芝居の解説動画

お問い合わせはこちら

営業紙芝居開発秘話

お問い合わせはこちら

営業紙芝居LED動画解説

お問い合わせはこちら

営業紙芝居UTM動画解説

お問い合わせはこちら

営業同行

理論理屈?

僕は、「コンサル」って言葉が嫌いなんです。
コンサルッて何と無く、理論理屈をくっちゃべって、金を奪い取る!そんな嫌なイメージがあります。
まあ、僕の偏見かも知れないけど、…実際に、クライアントさんから聞いたけど、某有名〇井総研にコンサルしてもらってUTMを売る方法を教えてもらい、わざわざ虎ノ門に専用の店を出して社員4名体制でやって1年間で売上は「0円?!」。

「なんで?」ってその担当者にいろいろお話を聞いて即わかった!
「商品説明」バッカリ!!
売れる訳が無い!
「商品説明=売込」売込みが好きな人ッていません。
確かに詳しいし、よく勉強しているけど、営業ッて商品説明じゃないの!

「欲しい!」って思わせられるかどうか。

だから、理論理屈だけを学ぶって危険なんだよね、…。
しかも、指導している側が、営業経験が無かったり、今の現場で売ってない!
まあ、売れる訳が無い!

市場は生き物

僕が現場にこだわる理由は、現場、市場って生き物だからです。
「昔、売れた」という営業で、今は全く売れない人ッて沢山います。
市場が変化したからなんだ!

僕は、1986年から営業を開始した。
当時はバブル期!この時代は営業過多の時代です。100人入社して100人退社する!売れなきゃ首を切られるそんな時代です。
この当時売れるようになった人は本物の営業力を持っています。
「化け物」がいた時代です。
だって、9時から22時まで、100~200件飛び込み続けることが出来たから、試合数が半端無い!
個人情報保護法以降そういうのができなくなった。…

1992年以降はバブル崩壊後の時代。
この時代が一番簡単だった!「安くなる」って言えばアポが取れ、「安くなれば」売れた。
『料金営業』が通用した。
だから、40~50歳の人ッてそこにハマるんだよね、…
そういうのが、社長や営業部長だと「安くすれば売れる」って失敗する!

2005年以降ドンドン加速的にネット社会になった。
ネットでどんなことも調べられる時代!=営業マン不要!
昔、営業マンって、情報を教えてくれる必要な存在だったけど、今の営業の多くはネットほどの知識が無い!
まあ、そんな営業と話す時間が勿体ないとなる。

【信頼できるプロ】

実は、ネット社会に求められる営業像は、「信頼できるプロ」なんです。
ネット社会って、情報過多だから、どの情報が正しいのか?判断できなくて困っている。
だから、お客様は信頼できるプロを求めている。

これも、2012年からもう一度、自分で現場で営業して肌で感じたことなんです!

売ってナンボ!

営業って売ってナンボです!
クライアントさんを笑顔にするには、売上をあげるしかない!

「理路理屈は糞くらえ!」って、思っちゃう!

「頭でどうのと言っても分からないの!具体的に現場で教えて!」これが、本音だと思います。
だから、僕は現場で一緒に客先に行きます。
あなたの会社の名刺をもって一緒に行って、目の前で僕が営業紙芝居を実際にやって見せます。

まあ、売れます!
トップセールスがあなたの会社の社員として現場で実地訓練をするから、売りながら学べる。
だから、みんな実績が100%出ています。

※お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です